渡名喜遠征


イベント詳細


 

渡名喜ブルーはなぜ生まれるのか?

・渡名喜島は大きな山もなく、川がない為、島からの赤土が流れてこない。
・渡名喜島にはダイビングショップがないので、海が荒れていない。
・外洋に面しており、潮通しがいいので透明度が高い。

海況と天候がマッチすると40mの透明度を経験できることも!!
誰もが「綺麗!!」と思える渡名喜ブルーはまさに楽園と言えるでしょう!

洞窟探検、ブルーホール

世界の海には”ブルーホール”と名付けられているポイントが多数存在する。
グアム、パラオにも勿論ブルーホールは存在するが、ここ渡名喜島のブルーホールを知る人は多くはないはず。
洞窟の入り口は2つ、一つはロングコース、水中ライトだけを頼りに奥へと潜って行く、ちょうど25mぐらい進んでいくと青い光がボヤ~っと見えてくるとメインエントランスに到着だ。
2つ目はショートコース、光が差し込むクレパスを抜けるとすぐメインテラスに到着する。
ダイバーのレベルに合わせて潜り方を変えれるのもこのブルーホールの魅力の一つ。
メインテラスは水深20m、幻想的なブルーの世界へ!!アドバンスを持っているダイバーならエントリ可能、比較的ビギナーでもエントリー可能な”渡名喜のブルーホール”必見です!!

これぞ!楽園!ブルーコーナー

アカネハナゴイ、キンギョハナダイ、ハナゴイ、カスミチョウチョウウオが数千匹と乱舞するブルーコーナー。
ブルーのキャンパスに赤、青、黄色、白のコントラストが映える水中世界はダイバーの心を躍らせてくれる。
水深は10m~20mで多くみられ、豪快なドロップオフ沿いをダイビングするドリフトダイブのスタイルです。

ウミガメスクランブル アンジェラ口


映画や動画などで戦闘機が連続でスクランブル発進するのを見たことはあるだろうか?
ビュンビュンと列となって発進する戦闘機、圧巻ですよね。
ウミガメのスクランブル発進!多いときにはカメラのレンズに入り切らないほどの海亀が一度に飛び立つシーンも
ダイバーに慣れていないのですぐに逃げちゃうけど過去最高は30匹以上見たこともありますよ!!
※期待して入ったら2匹ってこともありましたが・・・

渡名喜島のダイビングスタイル

那覇からボートで1時間半、慶良間諸島を越えてさらに進んでいくと渡名喜島が見えてくる。
水深は10mから20m、アドバンスのランクを持っていれば参加可能。
上級者ポイントではないので流れも強くはなく、ゆっくり、のんびりと潜れるのも渡名喜島の魅了です。

癒しの慶良間諸島<極上の癒し渡名喜島

 

魚影、地形、ウミガメの3拍子が揃った渡名喜島ダイビング!

6月~10月まで月イチ渡名喜遠征!!

募集開始!!

 

渡名喜遠征ダイビング

日程

6月5日、12日、25日

7月31日

8月7日

9月4日

10月2日

料金:

¥25000円(3ダイブ)

参加条件:AOW以上、ドリフトSP、中性浮力SP保持者or同等のスキル、経験

※持っていないライセンスは現地でも取得可能

スケジュール:7:00 出港 終日ダイビング16:00 帰港

ご予約は開始しております。
定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。

ご予約は
info@msfamille.com,
LINE
メッセンジャー
098-988-4284

受付しております。

極上のダイビングを満喫しましょう!!